飛行機を乗らずにマイルを貯める「ソラチカカード」

ソラチカカードの愛称で呼ばれている「ANA To Me CARD PASMO JCB」は、ANAと東京メトロが相互提携したカード。クレジットカードまたはポイントサイトの利用で貯めたポイントを高い交換率でANAマイレージに移行できるので、陸マイラーの間で知らない人がいないほど有名なカードです。

ソラチカカードは電子マネー「PASMO」、国内線搭乗チェックイン不要の「スキップサービス」機能、空港免税店「ANA DUTY FREE SHOP」で5%割引、ANA国内線・国際線の機内販売10%割引など、多くのサービスと特典が受けられます。この記事では、ソラチカカードの基本機能を解説します。

 

ソラチカカードの特長

電車もバスも買物もできる「PASMO」を搭載

ソラチカカードは電子マネー「PASMO」を搭載しています。JR東日本の「Suica」と同様、鉄道やバスの切符として利用できる上、街中でも電子マネーとして利用できます。

PASMOの利用可能エリア
PASMOの利用可能エリアは、PASMOエリアのほか、SuicaKitacaICOCAPiTaPaTOICAmanacaはやかけんnimocaSUGOCAの各カードの利用可能エリアで相互利用できます。
PASMOのオートチャージ
ソラチカカードのPASMOは、オートチャージ機能を備えています。PASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアでの改札機入場時、PASMOの残額がオートチャージ実行判定金額(※入会時設定は2,000円)以下になった時にオートチャージ実行金額(※入会時設定は3,000円)を自動的にクレジットカードからチャージします。
カード裏面に定期券を搭載可能
ソラチカカードのカード裏面は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄の定期券を搭載できます。

海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が自動付帯

ソラチカカードは海外旅行傷害保険と国内航空機搭乗中のみの国内航空傷害保険が自動付帯されます。ただし、海外旅行傷害も国内航空傷害保険も最大補償額は1,000万円と高くありません。また、傷害治療費用と疾病治療費用も補償されていません。充実な旅行傷害保険を求めるなら、死亡・後遺傷害が最高3,000万円、傷害治療費用と疾病治療費用が最高200万円補償される「スターフライヤープレミアムカード」などのカードもご検討ください。

特典満載

ソラチカカードは1枚のカードで「ANAカード」と「To Me CARD PASMO」の特典サービスを受けられます。特典サービスについては、特典編をお読みください。

ソラチカカードのスペック

基本情報

表1 ソラチカカードの基本機能
年会費2,160円(税込)
メトロポイント還元率0.5~1%
※店頭でPASMO利用、200円につき1メトロポイント。
※自動販売機でPASMO利用、100円につき1メトロポイント。
メトロポイント有効期限毎年4月1日から翌年3月末日までの間にメトロポイント口座に記録されたメトロポイントは翌々年の3月末まで有効
Oki Dokiポイント還元率0.5%
※クレジットカード利用、1,000円につき1 Oki Dokiポイント(5円相当)。
Oki Dokiポイント有効期限獲得月から2年間(24ヵ月)
ANAマイル移行時の還元率0.5%
※1 Oki Dokiポイント → 5 ANAマイル。
付帯保険海外旅行傷害保険(自動付帯)
国内航空傷害保険(航空機搭乗中のみ)
ショッピングガード保険(海外対象に年間最高100万円)
国際ブランドJCB

海外旅行傷害保険(自動付帯)

表2 ソラチカカードの付帯する海外旅行傷害保険
傷害死亡1,000万円
後遺障害1,000万円
傷害治療費用なし
疾病治療費用なし
賠償責任なし
救援者費用100万円
携行品損害なし

国内航空傷害保険(航空機搭乗中のみ)

表3 ソラチカカードの付帯する国内航空傷害保険
傷害死亡1,000万円
後遺障害1,000万円
傷害治療費用なし
疾病治療費用なし
賠償責任なし
救援者費用100万円
携行品損害なし

ソラチカカードのポイントとマイル

ANAマイルとの交換は通常のJCBカードより有利

JCB発行のクレジットカードは、毎月利用合計金額を1,000円ごとに1 Oki Dokiポイントが付与されます。Oki DokiポイントとANAマイルを交換する場合、通常は1 Oki Dokiポイント → 3 ANAマイルですので、ANAマイル還元率は0.3%になります。

これに対し、ソラチカカードで貯めたOki DokiポイントをANAマイレージに移行する場合、1 Oki Dokiポイント → 5 ANAマイル(※5マイル自動移行コース設定時)で交換できるので、ANAマイル還元率は0.5%になり、ソラチカカードの方が有利です。

通常のJCB発行クレジットカードの場合
1 OkiDokiポイント → 3 ANAマイル(※ANAマイル還元率0.3%
ソラチカカードの場合
1 OkiDokiポイント → 5 ANAマイル(※ANAマイル還元率0.5%

なお、1,000円ごとに1 OkiDokiポイントが得られるので、1,000円未満の場合はポイントが得られないので、ご注意ください。

加盟店でのクレジット決済で更にANAマイルが積算される

約140社のANAカードマイルプラス加盟店でソラチカカードを使ってクレジット決済すると、Oki Dokiポイントとは別に100円または200円につき1 ANAマイルが自動積算されます。

表4 ANAカードマイルプラス加盟店一例
ボーナスマイル加盟店
100円(税込)=1 ANAマイルANA(航空券・機内販売)、マツモトキヨシ、eyecity、DIFFERENCE、紳士服コナカ、KONAKA THE FLAG、SUIT SELECT、ファミリア、RIMOWA、インターネット花キューピット、日比谷花壇、沖縄美ら海水族館、ENEOS、京成スカイライナー、エアポートリムジンバス、サカイ引越センターなど
200円(税込)=1 ANAマイルセブン-イレブン、高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店、三井ガーデンホテル、ルートインホテルズ、出光興産、三井のリパーク、ニッポンレンタカー、アート引越センターなど

例えば、ANAカードマイルプラス加盟店であるマツモトキヨシで1,000円の買い物をして、ソラチカカードでクレジット決済すると、合計で15 ANAマイルが貯まり、ANAマイル移行時の還元率が1.5%の計算になります。

クレジット決済で得られるANAマイル
1,000円 = 1 Oki Dokiポイント → 5 ANAマイル(※5マイル自動移行コース)
加盟店利用で積算されるANAマイル(ボーナスマイル)
1,000円 → 10 ANAマイル

入会時と継続時に1,000マイルのボーナスがもらえる

ソラチカカードの入会時と翌年度以降の毎年のカード継続時に、ボーナススマイルとして1,000 ANAマイルがプレゼントされます。

PASMOを使って東京メトロ乗車や買物でメトロポイントが貯まる

「メトロポイントPlus」を申し込んだPASMOを利用すると、東京メトロ線が含まれる乗車やメトロポイントPlus加盟店での買物でメトロポイントが貯まります。

逆に東京メトロ線を含まない乗車、およびメトロポイントPlus加盟店以外の買物(※自動販売機を含む)は、PASMOを利用できるが、メトロポイントは貯まらないので、ご注意ください。

表5 ソラチカカードのメトロポイント付与
平日1乗車ごと5メトロポイント
土休日1乗車ごと15メトロポイント
メトロポイント
Plus加盟店
200円(税込)につき1メトロポイント
自動販売機100円(税込)につき1メトロポイント

締め日・支払日

ソラチカカード利用代金の締め日は毎月15日、支払日は翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)になります。引き落しは、カード会員の指定口座になります。

ソラチカカードの賢い入会申込方法

ソラチカカードの入会申込みは、通常JCB公式サイトから申込むが、ポイントサイトを経由してソラチカカードの入会を申込むと、広告利用の対価として、ポイントサイトからポイントがもらえます。

ソラチカカード入会キャンペーンで最大30,000マイル獲得

2020年7月1日~2020年9月30日の期間中、ANAカード入会キャンペーンが開催されています。キャンペーン期間中にソラチカカード入会を申込むと、最大30,000マイルの特典が得られます。まだソラチカカードを持っていない方は、今がチャンスです。

ポイントサイト経由で7,300円分のポイント獲得

2020年8月現在、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由でソラチカカード入会を申し込むと、「ちょびリッチ」から14,600ポイント(7,300円相当)がもらえます。「ちょびリッチ」は1,000ポイント(※1ポイント=0.5円相当)から交換できるので、カード申込で得られたポイントをすぐに電子マネーや現金に交換できます。

ポイントサイト入会 + ソラチカカード入会で7,550円相当がもらえる

ポイントサイト「ちょびリッチ」でのソラチカカード申込みと同時に、「ちょびリッチ」のお友達紹介制度も入会して、登録月の月末までに1ポイント以上獲得すれば、更に入会特典として500ポイント(250円相当)がもらえます(※ポイントは翌月までに加算される)。

「ちょびリッチ」の入会後、すぐにソラチカカードを申込むには、キーワード“ソラチカカード”で検索してください。検索結果に表示されるソラチカカード新規入会のバナーからソラチカカード入会を申し込めば、特典獲得条件達成で「ちょびリッチ」から入会特典の500ポイントと広告利用特典の14,600ポイント、合わせて15,100ポイント(7,550円相当)がもらえます。

なお、クリックしてから入会が完了するまで、かならず同一ブラウザで操作してください。同一ブラウザで操作しない場合は特典がもらえないので、ご注意ください。

「ちょびリッチ」無料会員登録

記事のポイント

ソラチカカードは東京メトロの利用に限らず、ポイントサイトなどで貯めたポイントをANAマイルに高いレートで交換できるので、年会費2,160円(税込)を払っても入会する価値は大きい。その他、ソラチカカードのポイントを以下にまとめました。どうぞご参考ください。

ANAカードとして

  • ソラチカカードのANAマイル還元率は0.5%。通常のJCB発行のクレジットカードのANAマイル還元率は0.3%なので、ソラチカカードの方が有利。
  • ANAカードマイルプラス加盟店でクレジットカードを利用すると、クレジットカードで貯まるANAマイル(※マイル自動移行利用)とは別に、100円または200円につき1 ANAマイルが自動積算されます。特に100円につき1 ANAマイル積算される加盟店において、状況に応じて利用しましょう。
  • 海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険は自動付帯であるが、補償面に不安があるので、旅行の際は「スターフライヤープレミアムカード」のような充実したクレジットカードを持つか、または旅行保険の加入をおすすめします。

To Me CARDとして

  • 搭載されているPASMOは鉄道やバスの切符として利用できる上、電子マネーとして加盟店で買物の支払いにも利用できるので、状況に応じて利用しましょう。
  • PASMOのオートチャージは、PASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアでの改札機入場時に行われるので、利用状況に応じて設定すると良いでしょう。
  • 東京メトロに乗車する際、進んでPASMOを利用してメトロポイントを貯めましょう。
  • PASMOを利用してメトロポイントPlus加盟店で買物すると、利用代金に応じてメトロポイントが貯まるので、状況に応じて利用しましょう。
  • 他のポイントをソラチカカード経由でANAマイルに移行すると、ANAマイルを最大限に獲得できるので、積極的に活用してマイルを貯めましょう。

関連記事

Twitter公開中

新しい記事、カードのキャンペーン、台湾旅行などの情報をツイートしています。
どなたでも歓迎ですので、あなたのフォローまたは「いいね」をお待ちしております。

Twitterアカウント @pinkpiggywork