旅行保険が充実の 「スターフライヤープレミアムカード」

スターフライヤープレミアムカード

北九州空港を拠点にしている航空会社スターフライヤーには、「スターフライヤーカード」と「スターフライヤープレミアムカード」の2種類のクレジットカードがあります。

利用特典を見ると、「スターフライヤーカード」は200円ごとの利用で1マイルが付与されるのに対し、「スターフライヤープレミアムカード」は100円ごとの利用で1 STARポイントが付与されます。

また、「スターフライヤーカード」はマイル付与だけなので、スターフライヤーを利用しないとマイルを貯める意味がありません。これに対し、「スターフライヤープレミアムカード」はSTARポイントが付与され、マイルやクレジットカード利用代金の支払いなどに交換できます。

以上により、「スターフライヤープレミアムカード」の方がお得かつ使い勝手が良いでしょう。特に、「スターフライヤープレミアムカード」の海外旅行傷害保険は、年会費2千円台のゴールドカードよりも充実していて、かなりおススメです。

この記事は、充実した保障の「スターフライヤープレミアムカード」を詳しく解説します。

「スターフライヤープレミアムカード」の特長

「スターフライヤープレミアムカード」の最大の特長は、手厚い保障の旅行傷害保険とショッピングプロテクションです。

海外旅行傷害保険は自動付帯

スターフライヤープレミアムカードは海外旅行傷害保険が自動付帯されます。死亡・後遺傷害は最高3,000万円、傷害治療費用と疾病治療費用は各々最高200万円が補償されます。

年会費2千円台のゴールドカードの代表に、「MUFGカード ゴールド」「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」が挙げられます。このクラスのゴールドカードの海外旅行傷害保険は最高2,000万円が一般的ですので、スターフライヤープレミアムカードの海外旅行傷害保険が最高3,000万円まで補償というのはかなり好条件です。なお、海外旅行傷害保険の引き受け保険会社は、三井住友海上火災保険になります。

表1 海外旅行傷害保険の補償内容
傷害死亡3,000万円
後遺障害120万円~3,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任3,000万円(※免責なし)
救援者費用200万円(※1年間)
携行品損害20万円(※1旅行・1年間。免責金額3,000円)
航空便遅延費用乗継遅延費用2万円(※1回の限度額)
出航遅延・欠航・搭乗不能費用2万円(※1回の限度額)
受託手荷物遅延費用2万円(※1回の限度額)
受託手荷物紛失費用4万円(※1回の限度額)

余談ですが、海外の傷害・疾病治療費用は高いので、少なくともプラチナカード級の保障(※500万円程度)を備えた方が良い。海外旅行傷害保険を節約したい方は、異なる発行会社のクレジットカードを複数もつことで傷害・疾病治療補償額を合算できます。

国内旅行傷害保険は利用付帯

国内旅行傷害保険は年会費2千円台のゴールドカードと同様、事前に国内旅行の対象費用をスターフライヤープレミアムカードで支払えば、国内旅行傷害保険が適用されます。死亡・後遺傷害は最高3,000万円、入院で1日5,000円、通院で1日3,000円などが補償されます。

「MUFGカード ゴールド」などのゴールドカードでも国内旅行傷害保険は利用付帯であり、かつ国内旅行傷害保険の補償が最高2,000万円まで。スターフライヤープレミアムカードの国内旅行傷害保険が最高3,000万円まで補償というのはかなり好条件です。なお、国内旅行傷害保険の引き受け保険会社は、損害保険ジャパン日本興亜になります。

表2 国内旅行傷害保険の適用範囲
カードの支払対象保険適用範囲
公共交通乗用具の搭乗費用公共交通乗用具に搭乗中のケガ
宿泊施設の宿泊費用宿泊施設滞在中の火災・爆発事故によるケガ
宿泊を伴う募集型企画旅行参加費用募集型企画旅行参加中のケガ
表3 国内旅行傷害保険の補償内容
傷害死亡3,000万円
後遺障害3,000万円
入院5,000円
通院3,000円
手術5万円/10万円/20万円
※入院保険金を支払う場合で手術を受けられた時、手術の種類に応じて
航空便遅延費用乗継遅延費用2万円(※1回の限度額)
出航遅延・欠航・搭乗不能費用1万円(※1回の限度額)
寄託手荷物遅延費用1万円(※1回の限度額)
寄託手荷物紛失費用2万円(※1回の限度額)

ショッピングプロテクション

スターフライヤープレミアムカードにはショッピングプロテクションが付帯されています。国内や海外での利用にかかわらず、年間100万円を限度に補償されます(※自己負担額3,000円)。

ショッピングプロテクションにおいて、年間100万円を限度に補償されるのは一般的。ただし、「MUFGカード ゴールド」はリボ・分割払いのみが適用される、また「オリコカード ザ ポイント プレミアム カード」は自己負担額1万円など、カードによって保障条件が設けられているので、ご注意ください。

カードの付帯保険において、スターフライヤープレミアムカードが年会費2千円台のゴールドカードよりも優れていることがわかります。

年間10万円以上の利用で翌年の年会費無料

スターフライヤープレミアムカードの年会費2,000円(税別)ですが、年間10万円以上の利用で翌年の年会費が無料になります。月平均8,400円以上の利用で年会費無料条件をクリアできるので、日々の買い物をスターフライヤープレミアムカードで決済すれば容易に達成できます。

なお、表4のとおり、比較対象に取り上げた「MUFGカード ゴールド」と「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」は、各々の年会費優遇条件をクリアしても年会費が完全無料になりません。

表4 年会費2千円台のゴールドカードとの年会費比較
クレジットカード年会費(税別)年会費優遇条件
スターフライヤープレミアムゴールド2,000円年間利用合計金額が10万円以上の場合、翌年は年会費無料
MUFGカード ゴールド1,905円リボ払い「楽Pay」の利用分が翌月以降に繰越されると年会費(税込)の半額が優遇される
オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド1,950円なし

「JACCSモール」経由で最大12%のポイント還元を加算

「JACCSモール」を経由して買い物すると、クレジットカードの通常ポイント還元に加え、最大12%分のポイント還元が加算されます。例えば、「JACCSモール」を経由して12%還元のショップで買い物します。スターフライヤープレミアムカードで決済すると、合計13%のポイントが得られることになります。

1%(スターフライヤープレミアムカード付与分) + 12%(「JACCSモール」利用加算分) = 13%

下記の通り、「JACCSモール」一部のショップを見ると、ポイントサイトに引けを取らないポイント還元率がわかります(※2019年3月時点)。

  • 化粧品・スキンケアの通販サイトMio Online:ポイント還元12%加算
  • ビスタプリント:ポイント還元12%加算
  • シマンテックストア:ポイント還元12%加算(※2019年3月1日~5月6日)
  • キュットスリム本店:ポイント還元10%加算
  • メルヴィータオンラインショップ:ポイント還元10%加算
  • トレンドマイクロ・オンラインショップ:ポイント還元10%加算(※2019年3月1日~5月6日)
  • カスペルスキー・オンラインショップ:ポイント還元10%加算(※2019年3月15日~5月6日)
  • キリン オンラインショップ DRINX:ポイント還元7.5%加算
  • ラサーナ公式通販サイト:ポイント還元7.5%加算
  • 山田養蜂場:ポイント還元7.5%加算(※2019年3月1日~6月2日)

「スターフライヤープレミアムカード」のスペック

基本情報

表5 スターフライヤープレミアムカードの基本情報
年会費2,000円(税別)
※カード年間利用合計金額が10万円以上の場合、次年度年会費は無料。
ポイント還元率1%
※100円につき1 STARポイント。
ポイント有効期限ポイント獲得月より24ヶ月間
マイル移行時の還元率1%
※2,000 STARポイント → 2,000マイル
付帯保険海外旅行傷害保険(自動付帯)
国内旅行傷害保険(利用付帯)
ショッピングプロテクション保険
カード盗難保険
国際ブランドVISA、Mastercard

ポイントプログラム「STARポイント」

STARポイントの還元率

スターフライヤープレミアムカードは、利用金額100円ごとに1 STARポイントが付与されます。1 STARポイントは1円相当で支払代金に充てることができるので、ポイント還元率は1%になります。

低金利時代でクレジットカードのポイント還元率が続々と下げられる中、ポイント還元率1%は悪くないので、普段の買い物でも活躍できるカードと思います。

STARポイントの有効期限

STARポイントの有効期限はポイント付与月より24ヶ月間になります。

STARポイントの交換

STARポイントは2,000ポイント単位、2,000ポイントからマイルに移行、またはカード利用代金に充当できます。

締め日・支払日

スターフライヤープレミアムカード利用代金の締め日は毎月月末、支払日は翌月27日(金融機関の休業日の場合は翌営業日)になります。引き落しは、カード会員の指定口座になります。

「スターフライヤープレミアムカード」を賢く使うには

航空券購入でSTARポイントとマイルを二重取り

スターフライヤー航空券の購入でスターフライヤープレミアムカードを利用すると、スターフライヤープレミアムカードからSTARポイントを付与される上、フライトでもマイルが貯まるので、普通に二重取りができます。

Kyashと組み合わせて二重取り

スターフライヤープレミアムカードの還元率は1%、2%残高還元のKyashと組み合わせて利用すると、二重取りで還元率が3%まで上がります。具体的に、Kyash利用の際、クレジットカードにスターフライヤープレミアムカードを指定して決済するだけです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

記事のポイント

  • スターフライヤープレミアムカードは海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険を問わず、最高3,000万円が補償されます。例えスターフライヤーを利用しなくとも、手厚い安心でもつ価値があります。
  • 年間10万円以上を利用すれば、翌年度の年会費2,000円(税別)は無料になります。スターフライヤープレミアムカードを日常の買物に利用すれば容易にクリアできるので、実質年会費無料と同じです。
  • 「MUFGカード ゴールド」「オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド」などの年会費2,000円前後のゴールドカードに比べて、スターフライヤープレミアムカードは総合的に優れています。

関連記事

Twitter公開中

新しい記事、キャンペーン、台湾旅行などの情報をツイートしています。どなたでも歓迎です。
皆さまの「フォロー」または「いいね」が励みになりますので、お待ちしております。

Twitterアカウント @pinkpiggywork